トイレで水漏れが発生した場合どうすればよいのか

トイレで水漏れが発生した場合どうすればよいのか トイレはだれでも1日に数回お世話になる、住宅の中でも欠かせないアイテムです。普段何気なく使用している方も多いでしょうが、長く同じものを使い続けていると水漏れなどのトラブルが起こらないとも限りません。トイレ 水漏れの原因はいろいろなパターンが考えられます。タンクの接続部の不良という可能性もあれば、タンクの内部で何らかの不具合が起きていることもあるでしょう。また最近ではウォシュレットを使っている家庭もあって、こちらの故障で発生するパターンも増えています。トイレの水漏れが起きた場合、まずはどこで問題が発生しているか原因を特定して、それに合わせた処置をすることが大事です。

■とにかくまずは止水栓を止めることが何よりも大事

もしトイレで水漏れが発生しているのであれば、どのような要因が関係していても止水栓を止めることが先決です。止水栓を締めることでトイレ内部の水の流れを遮断できますから、それ以上の水漏れの被害拡大を防げます。しかしそのように言われても止水栓がどこにあるのかわからないという方もいるかもしれません。便器のモデルによっても若干異なりますが、通常はタンクの横のところについています。レバーやバルブのようなものがあれば、それだと思ってもらってまず間違いありません。ただしウォシュレットの設置されている便所の場合、こちら専用の止水栓も取り付けられています。もし見つからない、どれがそうなのか見分けがつかなければ元栓を締めてしまえばいいです。

■問題の箇所かを特定する
止水栓を締めて水漏れの症状が治まったのであれば、今度はどこがトラブルの原因かをチェックしましょう。トイレの場合、配管とそれ以外のいずれかで起きているケースがほとんどです。配管の場合、給水管から配水管に分岐しているところやタンクと便器の間、タンクと配水管の接続部分におけるトラブルがほとんどです。ナットの緩みが原因で工具を持っていれば、締めなおすことで自分でも修理できるケースもあります。配管に特別問題が起きていなければ、便器もしくはタンクで何らかの問題が起きていると考えていいです。中にはタンク内部のフロートバルブが正しい位置にセッティングされていることが原因ということもあります。この場合正しい位置に戻すだけで問題解決することもあり得ます。

■修理にはどのくらいの時間がかかるか

トイレで水漏れが発生している場合、基本的には水道工事専門の業者にお願いするのが無難です。素人が下手にいじるとほかの部分で新たなトラブルが発生することも考えられるからです。この時気になるのは、どのくらい修理に時間がかかるかということです。もちろん作業中トイレは使用できなくなりますから、近所なり近くの公共施設のものを借りることになります。作業は、部品の交換だけで済むような軽微なものであれば、1時間もあれば完了するはずです。ただし壁の中など埋設されている配管のトラブルの場合、特定するだけでも時間がかかりますし、壁などを壊す必要も出てきます。そうなると多くの日数かかってしまう場合もあり得ます。

■まとめ
トイレで水漏れが発生した場合、まずは内部の水の流れを止めることが何よりも大事です。そうすれば、とりあえず水漏れの症状そのものをストップできるからです。そのうえでもし余裕があれば、どこが問題の箇所かチェックしましょう。濡れている、もしくはポタポタ水が垂れているような箇所が怪しいです。ナットを締める程度のことなら素人でも対処はできます。ただし確実に補修するためには専門業者を呼んで作業依頼したほうがいいでしょう。1週間前後かかる大掛かりな工事もありますが、たいていは部品の交換だけで即日完了すると思っていいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース