トイレが水漏れで故障したら交換は必要

ある日トイレに入ったところ床が濡れていた、タンクなどからぽたぽた水が垂れている、このような症状で悩んでいる方はいませんか。このようなトイレの水漏れはいろいろな要因が考えられます。部品を交換するなどの簡単な修繕で解決する場合もあれば、トイレの交換をしなければならないケースもあります。ここでは交換を検討すべき事案についてみていきます。

■便器のひび割れは交換が妥当

トイレの交換が必要なケースとして、便器そのもののひび割れがあげられます。通常陶器で作られているため、簡単なことでは割れません。しかし例えばトイレに棚が設置されていて、トイレットペーパーなどのアイテムを置いたり取り出したりするときに、背が高くなければ便器を踏み台にしてしまう方もいます。これを繰り返すことで徐々にダメージが蓄積されて、ある日掃除などをしているときにひび割れることもあり得ます。

■パテなどでふさぐのは大丈夫か

便器のひび割れなどの故障の場合、ホームセンターに行くと防水パテやコーキングが販売されています。こちらでひび割れている個所をコーティングすれば改善するのではないかと思うかもしれません。しかしこの方法はあくまでも応急措置であって、根本的な故障の修理には該当しません。ひび割れが拡大すれば、また水漏れが発生しかねないので新しいものと交換したほうがいいです。補修をしたら速やかに水回り専門業者に問い合わせることです。

■まとめ
普通に使用していれば、何十年と長期間にわたって便器は使用できます。通常なら一度も交換することなく、同じ便器を使い続けられます。しかし先ほど見た踏み台替わりなど誤った使い方をしていると不具合が発生する可能性はあります。もしひび割れなどの故障や不具合が発生したら、必要に応じて応急措置を行った後速やかに業者に修理依頼するのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ