トイレレバーの故障で水漏れが起きることも

トイレ 水漏れで業者に問い合わせるパターンは少なからず見られます。その中でもレバーのトラブルはしばしば報告されています。レバーが空回りしてしまう、水がいつまでたっても止まらない、レバーから水漏れが起きているなどいろいろな症状が考えられます。このような場合どのように対処すればいいか、以下で詳しく見ていきます。

■タンク内部の水位を確認しよう

もしトイレのレバーで何らかのトラブルが発生しているようであれば、止水栓を締めましょう。そのうえでタンクのふたを外してみます。そして中に貯蔵されている水位をみることです。するとWLと書かれている個所がないでしょうか。そのほかには黒い輪っかのようなものが機種によってはあるでしょう。こちらは標準線で水位がこれより上下に位置していれば、それが原因と考えられます。もしこれよりも水位が上にきていれば、浮球を持ち上げましょう。もしこれで水が止まれば、浮き球もしくは推移調節ダイヤルの故障と推測できます。浮球を持ち上げても水漏れが直らない場合には、ピストンバルブのところに水垢やごみなどの詰まりが原因の可能性もあります。

■標準線よりも下の場合

タンク内の水が標準線を下回っている場合にはレバーを引いてみることです。もし元の位置に戻る、レバーそのものに問題がなければ、便器へ水を送るフロートバルブというところで何らかの異常が発生しているかもしれません。もし戻らないなら、劣化などによって不具合が発生している可能性が疑われます。新しいものに交換するなどの対処をして修理するといいでしょう。


■まとめ
レバーの不具合によって水漏れなどのトラブルが発生しているのであれば、まずはタンクの中を確認しましょう。標準線に水位がきていなければ、ある程度問題の原因を特定できます。止水栓を締めたうえで、速やかに業者に頼むのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ