トイレタンクでチョロチョロ水漏れしているのは?

トイレに座って用を足していると、タンクの中でちょろちょろ水が流れているような音がするという経験はありませんか。水洗した直後は水をためるために水が流れることはありますが、数分もすれば止まります。しかしなかなか止まらないようであれば、水漏れが発生している可能性が疑われます。

■まずは内部を確認すること

もしタンク内の水漏れが気になれば、ふたを外して内部を確認することです。すると管が立っているので、その先端を確認しましょう。もしここまで水がきていて、流れ込んでいるような状態であればボールタップが何らかの不具合を起こしている可能性が考えられます。一方管の先端よりも下に水がある状況であれば、フロートバルブの不良が原因と考えていいでしょう。タンク内の水漏れは、おおよそこの2種類の部品のいずれに問題があるとみていいです。

■両方とも消耗品である

ボールタップもフロートバルブも消耗品のため、同じものを長年使い続けるとどうしても劣化してしまい、本来の機能が発揮しにくくなります。ボールタップの場合、経年劣化のほかにも無理な力を加えることで故障してしまうこともあります。タンク内部の掃除をしようと思った時に下手にぶつけてしまうと、不具合を起こすこともあり得ます。フロートバルブはゴム製のアイテムのため、劣化を起こしやすいです。ボールタップよりも劣化は進みやすい傾向があるため、タンクの水漏れはこちらが原因のケースが多いです。

■まとめ
トイレタンクの水漏れは、決して珍しい現象ではないです。内部の部品は経年劣化が起こりやすく、10年も経過すれば問題が発生しても決しておかしくはないです。水漏れを放置すると水道料金の無駄遣いにつながりかねないので、早めに業者を呼んで適切な処置をお願いすべきです。これをきっかけにトイレリフォームするのも一考です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ